森を守るための家づくり | キレイな中古一戸建てで幸せな新生活をスタートしよう
ハウス

キレイな中古一戸建てで幸せな新生活をスタートしよう

森を守るための家づくり

ハウス

岐阜で注文住宅を建てるのならば、大手住宅メーカーもいいですが地方の工務店も候補に入れるといいかもしれません。なぜなら、もともと岐阜県というところは森林が多く、昔から林業の盛んな地域です。そのために良い木材が安く手に入る工務店が数多く存在するのです。工務店の中には自分のところで製材所を持っているところもあり、自らが買い付けに行き自社製材することで、良い木造住宅を建てられるというメリットがあるわけです。岐阜で木造の注文住宅を考えているのなら、ぜひハウスメーカーだけでなく工務店にも目を向けてみましょう。ただし、デザイン性や最新の設備などはハウスメーカーの方が情報を持っていることも多く、工務店だけに目を向けるのではなく最新設備などのチェックを住宅展示場などで見て回ることが重要です。

岐阜で注文住宅を建てるときに県内産の木材を使うことは、岐阜の森林を守ることにもつながります。海外からの安価な輸入木材の影響で、日本の林業は大きなダメージを受けました。今、日本全国で手入れの行き届かない森林が悲鳴を上げています。大雨による土砂崩れの一因も、手入れの行き届かない森だとも言われています。しかしそこで育った木々を住宅に取り入れることは、家の調湿作用や木材の収縮などでも大きなメリットがあります。そこで岐阜では県ぐるみの取り組みで、岐阜県産木材を使った家づくりを推奨しています。歴史ある木材の知識と工務店の知識そして新しい安心安全基準を取り入れた住宅づくりという、住む人にやさしい家づくりを県のほうでサポートしているのです。このような取り組みを利用することで、地方工務店でも大手ハウスメーカーに負けない、それ以上の注文住宅を建てることが出来るのです。そしてそれは日本の森林を守ることへとつながるのです。